キャッシングの返済トラブルと信用情報の記録について

キャッシングの支払いの延滞や債務整理や強制解約などが生じた場合には信用情報に傷がつくことになります。
大勢の人が活用しているキャッシングは、現金がいる時に気軽に借り入れができて重宝します。
しかし、借りたお金の返済ができない状態が突くと、返済能力に問題ありと見なされて信用情報に記録されるようになり、その後の新規融資が受けにくくなります。
信用情報に傷がつく、という言い方をする時は、延滞などの事故情報がある時です。
クレジットカードのキャッシングやローンの支払いを延滞すると、金融機関を通じて信用情報に記録されます。
タイミングは各金融機関にゆだねられていますが、2ヶ月から3ヶ月以上延滞すると記録されることが多いです。
信用情報に事故情報が残ると、一定期間その情報は保持されます。
例えば延滞の記録なら1~5年程度となります。
債務整理は、合法的に借金を整理する手続きで、種類が多く、破産や任意整理、個人再生や特定調停などです。
債務整理の内容や、いつどのようにして行ったのかも信用情報会社に残ります。
任意整理なら長くて5年、破産なら5年~10年は、信用情報としてその記録が残り続けるようです。
延滞が長期に渡ったなどの理由で、金融機関から強制的に契約を打ち切られることがありますが、強制解約になった場合は、その情報は最長5年間、信用情報に残る事になります。
普通に生活しているだけであれば、キャッシングをしたとしても、返済を滞ることなく行っていれば信用情報に傷がつくことはありません。
キャッシングを利用した時に、何度も何度も延滞をしたり、債務整理など事故情報になることを繰り返していると、借り入れがだんだん厳しくなります。